アンテナ工事でテレビの映りを改善しましょう

テレビの映りが悪くて困っちゃう~どう対処すれば良い?~

テレビの映りが悪いと、好きなテレビ番組が見れなくなるので困ってしまいます。早急になんとかしてもらいたいですよね。どうしてテレビの映りが悪くなるのか、どうすれば治るのかなど知っておけば対処できるようになるでしょう。

アンテナの不具合が原因だった場合はアンテナの工事をしてもらおう

アンテナの取付及び修理等の工事は、その気になれば業者に頼らなくても自分で行なうことができます。実際にインターネットで検索すれば DIYでアンテナ工事を行なったという例はいくつも見つかります。しかし、実際に素人がアンテナ工事を自分で行なおうとすると、リスクは非常に大きくなります。まず、基本的に取り付けは高所のため作業には危険が伴います。そして、固定するための工具が必要で、取り付けたあとはアンテナの角度の微調整が大事になります。僅かに角度が違うだけでもテレビの映りに影響を与えるので、何度も微調整を繰り返していくことになります。また、途中で映りが悪くなったときは再び高所で作業を行わなければなりません。このように、細かな作業を常に高所で行うことは素人には大変危険であり、下手をすれば事故で大怪我を負ってしまう恐れがあります。確かに工事費は浮くかもしれませんが、医療費がかかってしまっては結果赤字です。餅は餅屋という言葉があるように、アンテナ工事はアンテナ業者に依頼する方が最も安心できる方法と言えます。

映りが悪くて困っている人は数多い

映りが良くなったり悪くなったりで困っている(10代/女性)

最近ドラマを見ていたら、良いところで急に映りが悪くなって見辛くなることがある。配線が悪いのかなと後ろのコードをいじっても元に戻らないと思ったら急に写りが良くなることもあり、結局どこに問題があるのか全くわからない。

テレビを叩いたら余計におかしくなった(20代/男性)

最近テレビの映りがおかしいのでテレビの故障かなと思い、応急処置代わりにバンバン叩いています。最初のうちは正常に戻っていたのですが、今はさらに状況が悪化してしまい、テレビを買い替え無くてはならないのかと悩んでいる。

アンテナ工事を依頼する前に何が原因なのか把握しましょう

テレビそのものの故障やコードの配線ミスなど、テレビの映りが悪い原因には様々なものがあります。その中でもアンテナが原因であるということは意外にも多いです。アンテナが折れていたり、倒れていたり、何故かアンテナの向きが全く違った方向を向いている場合、電波を受信することができなくなり、テレビの映りが悪くなってしまうことが多いのです。そんなアンテナの不具合で一番厄介なのは、目視でしか確認できないということです。そのため、家の下から屋根を見上げてアンテナをチェックするしか方法がなく、どこが悪いのかということがほとんどわかりません。そうなったら、壊れていないのにテレビの故障だと判断して新しくテレビを買い替えてしまうということになり、テレビの購入で大きな出費をしてしまう可能性もあります。よって、テレビを買い換える前に、まずはアンテナ業者に依頼してアンテナのチェック及び修理工事を行なってもらいましょう。

TOPボタン